昨日   

谷 桃子バレエ団の公演を見に行きました。
プログラムは 前半が谷桃子さんが振り付けされた、ショパンを生演奏にて踊る古典
"ロマンティック組曲”。
後半が岩上 純さんが振り付けされた"レクイエム”という創作バレエでした。
個人的には後半の方が楽しめました。
よくあるテーマ"愛”ひとつ取っても、たとえばミュージカル、タンゴダンス、バレエ・・・・
それぞれ表現の手法が違うのが、本当に面白い。
創作バレエは、燃える愛もバレエというルールの中で表現されているので、
強烈過ぎないところが私は好きです。
昨日のレクイエムは、その節度のある表現にそれを飛び越える熱いものを感じて
かなり感動しました。

実は来年の10月の谷桃子バレエ団公演で”キンテート・オセイロの共演が決まって
いるのですが(今年も6月に密かにありました)前回とても楽しかったし、
昨日の素敵な公演を見て、来年の秋がますます楽しみになりました。

明日はガクッと変わって長男の小学校の学芸会です。
彼の役はお寺の小僧さんですが、本人にも役作りの気持ちがあるらしく、
今日髪の毛をツルツルにしてもらいました。
息子の晴れ舞台もたのしみです^^。
[PR]

by kurovl | 2007-11-15 23:30 | Comments(0)

<< 12時間のリハーサル 私といたしましては大事件 >>